婦人

美容外科を探す際にはインターネットを利用しよう

顔がたるむ原因と治療法

照射

なりやすい人の特徴

頬にたるみが出てくると、表情が暗く見えるだけでなく、頬がこけて不健康そうに見えたり実年齢よりも老けて見られてしまうこともあります。そんな頬がたるみやすい人にはいくつかの特徴があります。一つは表情筋をあまり使わず、顔周りの筋肉が衰えやすい人です。このような場合は積極的に表情筋を動かして筋肉を鍛えてあげることでたるみが解消される場合があります。もう一つは痩せ型で、もともと頬周りにお肉のついていない人です。もともとお肉が少ないために、加齢と共にハリや弾力が失われてくるとたるみやすくなってしまいます。このような場合はコラーゲンなどを与え、肌の弾力をアップさせることを意識することで予防することができます。日頃のスキンケアでも、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどを配合した化粧品を使用することでたるみの解消に繋がります。

ヒアルロン酸治療

ハリや弾力が少なくなってしまって出来るたるみは美容整形で治療することも可能です。レーザーで皮膚の活性化を行なう施術、たるみを切開施術、美容成分を注入する施術など選択肢は幅広いです。特に、ヒアルロン酸を注入して頬にふっくらと弾力を持たせる施術は、メスを入れないため傷跡が残らず、短時間で行えるため人気があります。しかし、ヒアルロン酸はしばらくすると体内に吸収されてしまうため定期的に施術をしてもらわなければなりません。そこで、少しでも効果を長持ちさせるためのポイントがあります。それは、施術箇所をマッサージしたりあまり触らないようにすることです。また、効果が完全になくなる前に再注入することも、よりヒアルロン酸の効果を持続させることができます。ヒアルロン酸治療で頬にハリをよみがえらせ、気になるたるみを解消しましょう。